FC2ブログ

記事一覧

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

知っておきたい「ソント」と「イガンジル」

「ソント」は朝鮮の風習。
「イガンジル」は朝鮮・シナの風習のようです。

●ソント

漢字で書くと「声闘」。朝鮮族の蛮習。
2人の間(A・B)で何かトラブルが発生した場合、
Aが被害者でBが加害者であっても
BがAを大声で罵倒して沈黙させれば、
真理に関係なくBが勝ちになる。

長年、清(シナ)の属国であり、
まともな法律も裁判も何もなかった時代の賜物。
とにかく大きな声でひたすら発言をしまくる。
オウム返し、罵倒や嘘八百、レッテル貼りや人格攻撃、
関係のない親類縁者への悪口、嘘泣きなども総動員し、
相手が何も言えなくなれば勝利である。

負けたらすぐ死刑になるので、
もし後で相手が正しかったと明るみにでても問題ない。
客観的な真実などという証明に時間のかかるものには、
何の価値もない。証拠や論理は意味を持たない。

だから現代の韓国人も大声で自分の主張を繰り返し、
相手が何も言えないまでにマシンガンのように喋りつづけ、
そして勝手に勝利宣言をして去っていく。
現在の韓国人はすべて、この声闘の勝者なのです。

日本人はとにかく相手の話を聞いてしまう。
だからいつも声闘の犠牲者になります。

●イガンジル

漢字で書くと「離間事」。
ある特定の人物の悪口を広めて、孤立させること。
特に朝鮮女の得意技であるようです。

「イガン」(이간)は漢字で「離間」、
「ヂル」(질)は朝鮮語の固有語で悪い行動を指します。
韓国人特有の伝統的な行動パターンであり、
韓国人同士でも毎日のようにやりあっているようです。

シナにも同じものがあり、
こちらは離間計(りかんのけい)と呼びます。

敵対する親子・兄弟・君臣・同盟といった関係の弱点を
密かに突いたり利用したりして心理戦を仕掛けることで、
対象となる関係を内部から崩し、
漁夫の利を得ようとするもの、だそうです。

・・・・・

いずれも特亜ならではの卑劣な蛮習です。
そうハッキリと認識すれば、いくつも思い当たることが
あるのではないでしょうか?

ザイニチがTwitterでやりあっている罵詈雑言の応報は、
まさしく声闘(ソント)そのものです。
またパク・クネがやってる告げ口外交や、VANKのディスカウントジャパンは、
まさにイガンジルそのものです。

ソント・・・参考資料
http://mixi.jp/event/1965449-59891422/
イガンジル・・・wiki
https://ja.wikipedia.org/wiki/%E9%9B%A2%E9%96%93%E8%A8%88
20160524
関連記事
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。